ブログキャスター移行 LOVE YOGAの本から。
カテゴリー:ヨガブログ
投稿日時:2013年8月8日

ラブセラピー 「身体&骨格」

人と比べて自分を知ること。

生まれ持った身体、骨格がある。
柔軟性も、人それぞれある。

人と比べて、自分にとってプラスになることは
ないもないから、左右のバランスや
過去の自分と今の状態を比べて
今の自分の身体の状態を自分で知ることは
凄く大切だけれど、他人と比較してジャッジしない。

人はそれぞれ名前も顔も生まれた場所も
違うのに、前屈や後屈、股関節の硬さなど
気にして、

気にするべきところを気にしない。

まず、今の自分の身体の状態を自分で
知ることが大切。

自分の身体は自分で治そうという
意識が大切。

ずっと他人本願では、本当の健康はなかなか
手に入らない。

で、ラプセラピー的考え方は、

気持ちや心に迷いや不安があると
身体と心は繋がっているから
力が身体から抜けない。

で、常に外に意識が向いて
比べてしまう。

比べても何も身体は変わらない。
硬くするだけ。

自分のことを身体を、まず知って、信用して
自分の身体を自分で治す、調整するという
意識が大切。

小林愛HP http://lovemana.net/
ツィッター http://twitter.com/lovemananet

ページトップへ