紅葉が少しづつ。
カテゴリー:Blog
投稿日時:2012年11月22日

20121122-225604.jpg

おばあちゃんの庭。紅葉が少し始っています。

お母さんが、少しずつご飯を食べれるようになり
骨折が酷く起き上がれないのでご飯の時間は食べさせる時に

意外と好き嫌いがあることを初めて知る。
大根が嫌いで人参が好きだったなんて今まで気がつかなかった。

ずっといることで、いろんな話をする。今年の始め頃から少し
寂しくなる瞬間があったことも。ごめんね。

私が東京に帰る日を毎日確認し、帰った後は誰がご飯を
食べさせてくれるのか、いろんなこと含め不安、寂しいと。。
正直初めてかもしれない。付き添いがいなければ、
全く身体が動かないから完全看護な病院だが
看護婦さんは本当に忙しいし頼むのが申し訳なく身体の痛くても
動かせなかったり可哀想だ。ちょっと付いててあげたい気持ち。

飲み物もとってあげたり、入れたり頭も上げれないからご飯も自分で
食べれず苦しいのだろう。自分の顔も鏡で見るのが怖くて心配みたいだ。

顔が可愛いとかそうゆうのではないけれど(笑)
でも母の付き添いをしながら可愛いなと思う。

そして看護婦さん達にありがとうの気持ち。
大変なお仕事。ほんとうに有り難い。

ずっと一緒にいないと気づけないことも多い。
忙しく飛び回っている人が数年前までは好きだったし
素敵だと思ってた。私自身、いろんな所に行くのが好きだし

ゆっくりスケジュールより忙しいスケジュールの方が
調子がいいと本当に一時期、お休み無く仕事していた時期もある。

でも速いスピードで走る景色も好きだったが
やっぱり大切なものを大切にしておけないほどの多くのものは
必要ではないのかなと、価値観が徐々に変化していった。

病室何もすることがないと思っていたら
あっという間に毎日が過ぎていく。私の頭の中は、
お母さんのご飯の時間などを基準に1日の予定が決る。

後数日。1週間タップリと思ったがあっという間に。
お母さんが日に日に寂しがる。

病院に最初泊ろうかと思っていたが
幸いなことに、5分か10分はかからない位置にある、おばあちゃんの家がある。

今、ヒロおじちゃんとおばあちゃんのところで二人で生活。

その、ヒロおじちゃんが、iPhone5を購入してなかなか使えなく、
メールも出来ないから、私がお母さんのこと、助けてもらったり優しいおじちゃん。

私が手伝えることは、こうゆうことと設定手伝おうと延々がんばりましたが、
一部しか私には設定出来ない(>_<)メカ強くなりたいよぉ。。 おじちゃん、年齢71歳。auの携帯4年使ったから新しいのをと 急にスマホのiPhone5に。。 若いな。。 よくよく考えたら一人っ子で親を一人で、誰にも頼れないと ずっと思っていたのに、、いろんな人に助けられて 頼りっぱなしだ。ありがとう。本当に。。 ありがとうや感謝ばっかり言っている人は信用出来ないと ツィッターやブログや変にブログに書いている人もいるし、 わざわざ私に直接人が感謝しているところに水を差すようなことを コメントしたりメールしてくる人がいる。とにかく関係ないし気にしない。 その時間を、自分の大切な人とのコミニケーションに使って欲しい。 本当にありがとうという気持ちと感謝だなと、毎日思う。 捻くれた人、そうゆう風にしか人を見れない人は私苦手なんだなと、、 愛いっぱいの人が好き。 表面的に 熱くでも熱くなくてもどちらでもいいけれど♡ love,MANA

ページトップへ