福知山線のレトロな電車に揺られながら。
カテゴリー:Blog
投稿日時:2012年1月9日

20120109-224117.jpg

レトロな可愛い電車に揺られながら。。

初めて京都から電車でおばあちゃんのところに向かう。

こんなに遅い時間に着く電車あるんだと住んでいるおじちゃんがビックリしていた。昔は無かったのかもな。

明日のお葬式10時に間に合わせるには、今日のうちに豊岡に着いておきたくて、行き方いろいろ聞いたら兵庫県だけど京都の方が近いと初めて知った。。

ゆらゆら揺られながら行くくらいが、いろいろなこと思い出しながら、お別れの時に何を最後に伝えようと思いながら一人の時間が出来てよかったのかもしれない。

最後の場所を出発したのが16時50分。着くのが23時過ぎ。。電車で京都から行く方が近いとわかったけれど、やっぱり遠い。それを言い訳に、今年も雪も降っていたし、一人のおばあちゃんのところしか行ってなかった。

後悔しないように、遠いから、忙しいからと、大切なことを後回しに、今度にしないように。

この電車、汽笛が鳴る。ほとんど私、汽笛が鳴る電車乗ったことがないかもしれない。

私の田舎も、綺麗な電車ではないが、自動でドアが開き、自動販売機で切符買う方式なので、手渡し料金払い、電車はなんだか新鮮だ。降りる度にありがとうとかけ合う言葉。

Suicaに慣れた私、それもありだが、この手渡し料金払いも、Suica使えない不便だと感じない私でいたいと、、

どうでもいいこと笑。おもいながら、、もうすぐ駅に着く。絶対泣かないで。ありがとうを、おばあちゃんに言ってお別れしよう。

絶対泣かないと、ゆらゆら各駅にとまりのんびり進む列車に乗りながら、ブログにつぶやく、、

電車の中でつぶやくと、変な人だと思われそうだから、、

ページトップへ