抜粋。
カテゴリー:Blog, 心のヨガ
投稿日時:2013年12月6日

思い、言葉、行動がいつも一致しているから全てのことが叶う

三密(思い・言葉・行動)の基本は、まず、
思う」ところにあるということです。

すなわち、思っていることが悪いことであれば、 
悪い言葉を使うようになり、悪い行いをしてしまうのが人間です。

ですから、良いことを思って、良い言葉を口にし、
良い行動ができる人間であるよう、
最初に発生する自分の中の思いをいつも
良いものにしていることが大切なんです。

人生がうまくいっていないという人によく話を聞いてみると、
だいたい習慣的に、よくないことや心配ごとばかり思ったり
悪い想像を一生懸命働かせたり、誰かをねたんだり
うらんだり、悪く言ったりしている傾向があります。

が、そうゆうよくない思いや言葉や態度や行動を、
良い方に変えるだけで、三密の秘密力は、

おもしろいくらいに簡単に働き始め、
人生がみるみる良くなっていくので、
そのことを理解し、今日から運命を好転させましょう。

 
二つ目は、

「思い・言葉・行動が一致していること」が
重要だということです。

あなたが、何かを叶えようと良いことを思ったときに、
「そうしよう!」と思ったら、そうしたいということを

自分自身の心の声として、はっきりと明確に
揺るぎなく語らなければなりません。

なぜなら、思いが叶うのは、いつも
「心の奥底で無意識に思っていること」と
「自分自身に実際に言い聞かせていること」と
「現に行動していること」が一致しているときだけだからです!!

なので、絶対に現実的に叶えたい夢や目的があるなら、
それを成功させるための最初の段階の「思う」というところから
自分が責任を持つ必要があるのです。

潜在意識(無意識に思っていること)と、
顕在意識(意識して思っていること)を
一致させて物事はすんなり、思ったとおり叶うのです。

そうやって、思いと言葉と行動が一致しているものだけが、
どんなに時間がかかろうと、どんな途中経過があろうと、
叶える」ということを成功させてしまうのです。

思いと言葉と行動が一致した人間は、
とてつもない大きなエネルギーを持つことになり、
 またそれを外界に放つことになり、無敵になるのです。
 
(佳川奈未さんの本、三密から抜粋)

 
本当にわかりやすく書かれてはると思う。

意外と、思いと言葉が一緒でない人が多いと思う。
本当は、やりたいけれど、出来なかったらカッコ悪いから

逃げ道作って、、気持ちが凄くあるのに、、言葉では
やってもいいけれど、、なんていう言葉を使う。

そうゆう時は、やっぱり普通に自分の気持ちを
怖がらずに、嬉しい、やりたいですって喜ぶ、
感謝する。自分がやりたい、思ってることは
遠まわしにではなく、

ストレートに、必要な方に
伝えて、もし受け止めてもらえなくても、
本当に気持ちがあるなら、又続ける。

大丈夫、元気ですって言いながら、、
本当は大丈夫でなかったり、元気でなくて
身体と心が悲鳴上げてたり、、

話はズレてるけれど、心と身体がバラバラの状態で
何かやっても、、沢山無理して、頑張らないと、、
無理しないと、、もっと、もっと、、頑張らないとって
でも、いつかは疲れてしまう。。

思いと言葉の差を、なるべく一致させて、
自分の思った、望んでることを言葉に出し、
言葉に出したことを、とにかく結果を気にし過ぎないて行動する。

そうすると、心も身体も、人生も変わってくると
私は思ってる

で、、ヨガが私にとって全てではなく
愛が全てだと感じてる

愛が全てのマインドから出た想いの結果(言葉&行動)で
悪いことが起こり続けるはずがない。

愛が全て  love,mana

<小林愛HP>
http://www.lovemana.net/

ページトップへ