運命の人を引き寄せる10の法則抜粋
カテゴリー:ヨガブログ, 心のヨガ
投稿日時:2012年9月8日

今日は結婚式。行ってきます。

被害者でいるのをやめる

大概の人は誰かに
火傷をさせられた経験があり、
証拠のあとが残っています。

しかし不幸な出来事を追体験して、
他の新たな音楽が耳に入らないほど

「怒りの太鼓」を打ち鳴らして何になるのだろう。

痛みを感じ、治す努力をし、
苦痛を通して学んだら、
ある時点でまた前進しなければなりません。

さもなければ、自分が傷つくだけです。

裏切られた後遺症で、
再び心を開くのがためらわれ、
強い抵抗を感じさえするかもしれません。

しばらく一人でいて心の痛手を癒し、

同情を寄せる友人の助けを借りる
時間が必要かもしれません。

それはごく自然で健康的なことです。

人が傷つくのは

過去にうけいれられなかった愛ではなく、

自分が現在差しだそうとしない愛だ
ーエリザベズ。ウィリアムソン

しかし、いつも辛い出来事に焦点を合わせていると、
今ここにある喜びが奪われるときがきます。

過去にしがみつくと、その分、
定められた道を進むのが遅れます。

あなたには同情より
自信が必要なのです。

(抜粋)

<小林愛HP>

http://www.lovemana.net/

ページトップへ