お母さんのことを想いながら記事探すと。3年前の記事。
カテゴリー:Blog
投稿日時:2014年11月20日

おばあちゃん家の渋柿。

100歳になったおばあちゃん。

一時期は寝ている状態になり耳も遠くなっていたので

電話にもだんだん出れなくなっていたのに、、

今回行ったら電話にも出れるようになり自分で夜中

一人でトイレにも行けるようになって自分で歩いていた。

お母さんがおばあちゃんをずっと
付きっきりでおばあちゃんと

一緒にいて、のんびり暮らしている。

おばあちゃんが、もう長くないと聞いて飛んで顔を

見に行ったとき、

100歳のおばあちゃんも心配だけれど

ずっと世話して二人暮らししていた

お母さんも心配だった。

二人の姿を見ていると、ほほえましくなる。

お父さんもたまに来て手伝ったりしてくれている。

自分の為でしょ??それは??ってことがやっぱり

私含め多い。お母さんは、おばあちゃんの為にやって

あげている感覚がない。

こんなに頑張ってやってあげているのに、

おばあちゃんも家族や娘、わかってくれない、

大変なのにと

お母さんが思ってしまったら、疲れが倍増して、

おばあちゃんの世話など

長く出来なかったのだろう。

いつもありがとう。

私があることを相談したとき、父は反対、

母はとっても悲しそうな顔をして

でも、頑張ってとしか言わず

繰り返し繰り返し言い

手を振って見送ってくれた。

ありがとう。

いつか、ほんま、、
親孝行しなあかんな。。。

大切な人が生きてる間に。。

Love,mana

小林愛HP http://lovemana.net/
ツィッター http://twitter.com/lovemananet
リトリート告知&開催報告 http://lovemana.net/retreat.html

ページトップへ