幸せは人に伝染する。。アメーバーニュースから。
カテゴリー:Blog
投稿日時:2013年8月22日

20130822-020037.jpg

大好きな小林公子先生に写真撮ってもらいました♡8月22日、公子先生のお誕生日♡

大好きなあゆみちゃんやキミちゃんの
ティケティケカフェヨガ(垂水)http://thiikhaethiikhae.wix.com/thiikhae

20年の研究成果出る 「幸せは人に伝染する」

幸せは人にも伝染するとよく言われる。
確かに、幸せそうな人たちの周りにいると、
自分も幸せになったような気がしてくるものだ。

そういった「人の幸せ」について真面目に研究している人たちがいる。
そのうち1つの研究成果は先日、BMJという医学雑誌に論文として報告された
。ニューヨークタイムズ紙でもとりあげられ、アメリカでは大きな反響を呼んでいる。

この研究では、ボストンの約4700人の住民から、
人々が今幸せと感じているかどうか、
そしてそれらの人々が社会的にどのようなつながり
(社会的関係)があるかということを調べた。

なんと20年にもわたる大規模な追跡調査の結果である。

幸せを調べるための質問は以下の4つである。

「今幸せですか?」
「人生を楽しんでいますか?」
「将来に希望を感じていますか?」
「周りの人々と同じくらい元気ですか?」

この4つの質問だけで本当に幸せが計れるのか疑問だが、
とにかく彼らはこれで幸福度を計っている。

さて、その結果から分かった主な発見は、次の通りである。

・幸せな人同氏は、やはり社会的にもつながっていることが多い。

・幸せの伝播がどれだけ広がるかというと、
最大で「知り合いの知り合いの知り合い」まで広がることができる。
つまり友達を3人まで隔てることができる。

・家族や親戚が幸せより、友人が幸せのほうが、
自分も幸せと感じている人が多いようである。

・しかし、職場仲間だけは例外で、
知り合いでも幸せがあまり伝播しない。

家族や親戚より、友人が大切だという結果には
少し疑問を感じるが、職場仲間の幸福があまり関係ないというのは、
心当たりがありそうな結果である。

それだけ職場の人間関係は希薄ということなのだろうか?

残念ながら、どうしてこのような結果になったのか、
その因果関係はほとんど説明されていない。

いずれにしても、「類は友を呼ぶ」という言葉にもあるように、
幸せな人の周りには、やはり幸せな人が集まってくるし、

逆に不機嫌な人や不幸を感じている人には、
そういう人が集まるようだ。

(アメーバーニュースから)

小林愛HP http://lovemana.net/
ツィッター http://twitter.com/lovemananet
ブログの一覧はこちらで確認出来ます。
http://lovemana.net/news.html

ページトップへ